フェイスシャドー・ハイライトについて

引き締めて見せるため、陰を作るためのシャドー、血行良く顔色良く見せるためのチーク、鼻を高くみせたり、立体感を出したい時はハイライトを使います。フェイスシャドーとハイライトは両方セットで使うことをお勧めします。一つだけだと不自然になってしまいます。

顔の形、フェイスラインによってもシャドーとハイライトを入れる場所や色なども微妙に違ってきます。チークも入れる位置に注意します。つけ方としては、ブラシに少しパウダーをとり、優しく入れます。他人に分からないくらいがベストです。

「面長顔」

フェイスシャドー:額と顎に入れます。顔の長さを短く見せます。ハイライト:目の周辺、Cゾーンにハイライトを入れます。顔の印象も明るくなります。鼻筋に入れる場合は短めに。長く入れてしまうと余計に面長を強調してしまいます。チーク:頬骨の下に横長にほんのり入れるようにして、顔の長さを短く見せます。

「丸顔」

フェイスシャドー:顔の外側、目尻よりすこし外側に、側面の真ん中を削るようにほんのり入れるようにします。シャープに見えるようになります。ハイライト:鼻筋、顎に入れて立体感を出します。チーク:頬骨の上部分に斜めに入れます。

「四角顔(ベース型)」

フェイスシャドー:エラ部分を削るイメージで三角に入れます。ハイライト:鼻筋、顎に入れます。顎の部分は少し強めに入れます。チーク:頬骨にほんのり入れます。

「逆三角形顔(菱型)」

フェイスシャドー:額と顎に少しだけ入れます。ハイライト:目の下部分に細く長く逆三角をイメージして入れます。チーク:頬の中心より少し下部分を意識して丸く入れます。