キレイになる化粧水のつけ方

完璧に肌の汚れを洗顔で落とした後は、化粧水でお肌にたっぷりの水分を与えます。洗顔後の肌は乾燥しやすくなっており、すぐに化粧水で保湿する必要があります。化粧水でお肌に水分補給することで、次につける化粧品の有効成分の浸透もよくなるのです。どんなに良い成分が配合されている化粧品でも肌に浸透しないと、その効果は充分に活かせることが出来ません。

化粧水をつけることで、次の化粧品の威力を発揮することができるのです。化粧水にも種類は様々で、保湿化粧水、収れん化粧水、ふきとり化粧水とあります。乾燥が気になる方には保湿化粧水、皮脂が気になる方、夏場など汗をかく肌には皮脂を抑え毛穴を引き締める収れん化粧水がお勧めです。くすみが気になる方、角質が気になる方は角質除去の作用があるふきとり化粧水を使うといいでしょう。

化粧水は顔全体を包み込むように優しく押し込むように、なじませるようにつけます。たたきながらつけると、肌の毛細血管が切れたり、肌を傷めてしまい、シワやシミが出来る原因になります。肌はやさしく扱うようにします。首やデコルテも乾燥しやすいので忘れずにつけましょう。

ノーノーヘアーの男性用はこれ
エステ発想のヤーマン株式会社